面接 質問 マナー 自己紹介 就活

面接や就活の自己紹介や質問、マナーについて

スポンサーリンク

皆さんは「面接」にどのようなイメージをお持ちでしょうか?
たいていの方は、あまりいい印象をお持ちではないと思います。
面接をする場面というのは、学生時代の「入試試験」から、アルバイト、パートタイマーとして面接を受けることもあります。
またそれ以外にも、「入社試験」など、面接を行う場面というのは、意外と多いものです。
面接というのは、日本社会では、非常に重点を置いています。
履歴書もそうなのですが、入社前など、その人の人柄、過去の実績など、その人間が企業にとって重要な人間なのかどうかということを、見る大事な場面です。
やはり、雇用側としては、給与を払う以上は優秀な人材をほしがるわけで、そこに当てはまるかどうかという事が大事なります。
面接を受ける側としても、いかに自分をアピールするかどうかというのが、重要になります。
特に、近年の就活を考えてみると、やはり終身雇用ができる会社を選ぶ傾向にあります。
当然ながら、そういった会社ですと、倍率が非常に跳ね上がります。
その中で、自分の存在をいかに植え付けることが出来るのか、また自分という人間がどういった人間なのかということを知ってもらう必要があります。

スポンサーリンク

これが特に就職での場で重要になります。
これは、入社試験が特に重要というわけではありません。
高校入試や、大学入試でも面接を取り入れている部分も多いのですが、この場合にも、人気の高い志望校では成績の部分のほか、自分をアピールする必要があります。
近年の面接というのは、ある程度のパターンが決まってしまい、10人中半分異常が同じ解答をしてしまうという事もあったりするようです。
これでは、自分をアピールするといってもどうしようもありません。
誰もが、事前に面接の練習を行うかと思いますが、そのコメントに関しての定型文しか書いていないという事が多いです。
特にいままで学生をしていた人にとっては面接というのは緊張してしまう事が多いかと思います。
少しでも、自分を完璧に見せたいと言うことがあるためです。
そのため、定型文、棒読みの話し方となってしまいます。
しかしながら、面接いうのはそんなに固くならなく自然体の方が、実は印象がいいことが多いです。
それこそが、自分の素を出しているということであり、企業側もその本人の本質に触れていると感じることができると言うことです。
面接というのは、ある程度のコツをつかめば、さほど緊張して受けるものでもありません。
ですので、要所、要所をしっかりとつかみ自分の望み通りの結果がつかめるようにがんばりましょう!!

スポンサーリンク