面接 志望動機 長さ

面接での志望動機の長さについて

スポンサーリンク

面接では、まず志望動機が聞かれます。
なぜ志望動機を聞かれるかというと、その企業のどのような部分に興味を持ったのか、どれぐらい入りたいという熱意があるのかを面接官は知りたいのです。
しかし、いくら熱意を伝えるためとはいえ、くどくどと話していては、逆に文章がぼやけてしまい、印象に残らなくなってしまいます。
では、どのぐらいの長さが適切なのでしょうか。
時間でいうとだいたい2〜3分です。
短いように感じるかもしれませんが、それ以上の時間となると長すぎてくどくなってしまうのです。
志望動機の内容としては、その職種に対する思いが1分、その企業に対する思いが1〜2分程度に収めます。
そうすると、だいたい2〜3分で話すことができます。

スポンサーリンク

特に、個別の面接ではなく、数人がまとめて受ける、集団面接の場合では、回答をする人が何人もいるので、一人だけ長くしゃべられると他の人の時間にも影響してきます。
それを、しゃべる時間の長さを気にせず一人だけしゃべっていると、空気の読めない人、周りに対して気遣いが出来ない人というマイナスの印象まで与えてしまうのです。
志望動機でそのようなことになってしまうと、次の質問の時もその人は当てずらくなってしまいます。
その結果、自分をたくさん話してアピールしているつもりが、そのあとのアピールする時間を失ってしまうことになりかねません。
そんなことにならないように、面接時の志望動機の長さは適度にして、その中でしっかりと自分の思いを伝えられるようにしてください。

スポンサーリンク