面接 短所 心配性 例

面接で短所を心配性という場合の例文

スポンサーリンク

面接での質問の一つとして、短所を聞かれることがあります。
今回は、面接でどのように話せば、相手に悪い印象を与えず伝えることが出来るかの例を紹介します。
まず、心配性ということを伝える場合、ただ単に「心配性です」とだけ伝えていては、具体的にどんな短所なのか、どんなことを心配するのかなどがわかりません。
回答としてとてもそっけない回答にとられてしまいます。
長所などを伝える時にそのエピソードを一緒に話すことと同じで、短所を伝える場合にも、心配性ということにより今までどんな損や失敗をしてきているのか、どのように困っているのか、またその短所をこれからはどのように克服していこうと考えているかまで、具体的に答える必要があります。

スポンサーリンク

例えば、「私の短所は心配性なところです。
物事を始めようと思ったときに、様々なことを考えすぎてしまい、なかなか始めることができなくて、チャンスを逃してしまうことがあります。
サークル活動で新しくやりたいと思った企画があっても、それを行うにあたりでてくる問題をいろいろ考えてしまって、なかなか企画が進まなかったことがあります。
」などです。
ここまでだけだと、ただ失敗をしただけで終わってしまいますので、今後の対策の例としては、「これからは、様々な問題点などを想定しながらも、期日などスケジュール面も併せて考えていけるような人間になっていこうと思います」という形で続けていくと、面接官に悪い印象は与えず、きちんと問題を把握して、改善しようとしていると見られます。

スポンサーリンク