面接 長所と短所 例

面接で答える長所と短所の良い例

スポンサーリンク

面接で長所や短所を聞かれた場合には、嘘をついたり大げさに言う必要はまったくありません。
素直に自分が思っている長所と短所を答えればいいのです。
自分でわからない場合は友達や家族に聞いてみるのもいい方法です。
しかし、注意すべき点はあくまでも内定をもらうための面接なのですから、相手に自己アピールをするものでなければなりません。
面接では、希望している仕事に望まれている人材がどのようなものかをしっかり把握して、それに適した人材であることを示すために長所と短所を答える必要があるのです。
自己アピールをするために自分の短所を答えることは矛盾していると思うかもしれませんが、相手にそれでも魅力を感じさせる内容にすれば問題ありません。

スポンサーリンク

例えば、希望をしている職種が上司のアシスタントであれば、相手はつらい仕事を頼んでも嫌な顔をせずに笑顔で対応してくれることを望みます。
その場合、長所はつらい時ほど前向きに取り組める強い精神力がありますと答えると相手の気持ちにとまるでしょう。
または、飛び込みの営業に行かなければならないなら、人見知りすることなく初対面の人と打ち解けることができますと言うと好印象でしょう。
短所の例は非常に難しいですが、相手は仕事を真面目に取り組んでくれる人を望むわけですから、周りの助けを求めずにすべてを自分一人でやってしまおうとするところが短所だと言われたことがありますなどと言うと短所のようで短所に聞こえません。
これらの長所と短所はあくまでも例にすぎませんが、要するに長所と短所を相手が望む人格にリンクさせるような答えをすることです。

スポンサーリンク