面接 短所 優柔不断 例

面接で優柔不断なところを短所として答えるときの一例

スポンサーリンク

就職活動や転職活動などの面接のとき、長所や短所を聞かれることは少なくありません。
その際に、優柔不断という点を答える人も多いのではないでしょうか。
致命的な欠点とはいえませんしたいていの人が多かれ少なかれ持っている性格の要素なので、答えやすい短所といえます。
ですが、答えるときは単に「私の短所は優柔不断です。
」と答えるだけで終わらないようにしましょう。
面接官が知りたいのは、履歴書にも書いてある言葉ではなくて、質問に対する答え方です。
欠点という困った部分に対して、どのように対応しているのか、その対応でどのように変化してきたのか、今後はどのようにしていきたいのかなどを分析して答えることができるとベストです。

スポンサーリンク

回答の一例をみてみましょう。
「私の短所は優柔不断なところです。
大学の授業を選ぶときなどもなかなか決められず期限ぎりぎりになってしまうことが多くあります。
社会人になってからは期限に余裕をもって行動しなければならないと考えているため、なおさねばならないと考えています。
例えば、授業ならば将来役に立ちそうなものを優先的に選ぶようにするなど、物事に具体的な判断基準を設けて選ぶときの迷いを少なくするよう心がけています。
最近ではその努力のかいあって少しずつ決めるのが早くなってきました。
まだ完璧にはなおせていませんが、少しずつ改善していきたいと思います。
」この例のように、具体的な改善方法やその結果などを盛り込むことができると面接官からの評価もよくなります。
自分なりの回答を考えてみるとよいでしょう。

スポンサーリンク