面接 長所 協調性 例

面接における長所や協調性をアピールする例

スポンサーリンク

面接において自身の長所をアピールするのは重要なことのひとつですが、相手が必ずしも「長所はなんですか」と聞いてきてくれるわけではありません。
ですが、例えば自分がこれまで何をしてきたのかをきちんと振り返り、何らかの形でまとめてきていれば、面接の場は自身のアピールの場となっていきます。
これまでやってきたことは、そのまま「良いところ」となりますが、ただ「良いところ」を語るだけでなく、それが就職先でどんなふうに「活かせる」のかを、具体的な例とともに相手に伝えられるようにしておくことが、長所アピールでは重要なポイントとなります。
なぜなら、相手が見ているのは、その人が会社でどれだけ役に立つのか、ということであり、それを上司にどのように説明すべきか、という点だからです。

スポンサーリンク

企業で働くさいに、協調性もまた重要な要素となりますが、これに加えてとくに相手が見ているが、誠実さや真面目さ、あるいは約束を守れるかどうかという点です。
そしてそれらの要素をひと言でまとめると、それは「対人力」ということになります。
面接という場は、そのまま対人力を試される場に他なりません。
自分の言いたいことだけを伝えるという心構えではなく、面接官ときちんと対話を成立させることが重要となります。
そのためにも、相手の質問に対しては、まず結論を述べることが、自身の協調性をアピールすることにつながります。
そしてその後に「なぜなら〜」「例えば〜」といった具体的な話へとつなげていきます。
そうやって会話を成立させていくことで、相手もその人の協調性を見いだせることになります。

スポンサーリンク