面接 自己紹介 転職 事務

事務で転職する際の自己紹介の仕方と面接について

スポンサーリンク

【事務職の転職について】事務職は女性の職種の中でも一番の人気を誇る職種です。
一般事務をはじめ、営業事務や経理、総務など得意分野によって業界や事務の種類が選択可能です。
新卒で入社して3年、5年とある程度経験を積んだ後に更なるキャリアアップのために転職を決意する人は多数います。
競争率も高い為、仕事を辞めると決めたら次の仕事に就くまでに「何が足りないのか」と「どうしたら受かるのか」をしっかりと考えて対策を打ちましょう。
経験者は未経験者よりは合格しやすいものの、資格や実業務での実績をアピール出来なければ未経験と同レベルに扱われてしまいかねません。
またオフィスのバック担当である事から「臨機応変」な対応や「協調性」も必要とされます。

スポンサーリンク

【自己紹介と面接について】実際に転職活動を開始していざ面接となった時に頭が真っ白にならないよう家で自己紹介文章をノートに書き出したり自分の声を録音したりして「アピール」方法を考えておきましょう。
あわてずにゆっくりと面接の部屋に入り、名前を名乗ってから「どうぞ」と言われたらゆっくり席に腰をかけます。
ここで一度深呼吸をして簡単な自己紹介と職歴について簡潔に述べます。
ただ時系列に入社退社を述べるのでは印象に残らない為、具体的な業務の実績を数字を交えながら説明すると効果的です。
最後に「ですから御社で活躍したいと考えております」とまとめられるとベストです。
あまり自慢ぽくならないように協調性とスキル面のバランスを考えながら話し、面接担当の方をまっすぐ見る事がポイントです。

スポンサーリンク