面接 長所 短所 看護師

看護師採用面接は短所を長所に変える伝え方を

スポンサーリンク

看護師の採用に関する面接試験において重要視されるところは、職場に適応できる柔軟性や、どんなことにも即座にその時起こったことに対して臨機応変に対応できるかといった、その人が持っている瞬時の判断力があるかどうかを見られます。
どちらかといえば、面接において、看護職に対する熱意や意気込みなどより、現場で実際勤務した時、同僚との協調性やチームワーク力を試されるような質問が多いです。
中には意地悪だなと思われるような質問もあるかもしれません。
でもそれは、その人が現場において、問題が起こったり、困ったことが発生したときに、どんな反応をし、どのように対応していくかということを見たいという面接官の意図であり、質問の答えよりも態度に重点がおかれます。
答えにくい質問にも、ひるまず、一生懸命に伝えることが重要です。
看護師はコミュニケーション力を求められる職業なので、途中で諦めず、自分の気持ちを、難しければ、体全体で、ジェスチャーを交えながら表現しても構いません。
その「伝えようとする」心意気が高く評価されます。

スポンサーリンク

長所、短所に関してはどの職種でもよく聞かれる質問ですが、看護師の面接において評価されるコツは、短所も長所に転換できるものを選ぶことです。
例えば短所が「臆病」であるということなら、それは業務に関しては「慎重」であるといえます。
ですから、自分の短所を「臆病」と述べたうえで、「しかし、業務に関しては、失敗や事故に繋がることに対して臆病ですが、その分慎重に行い、何度も確認を行うようにしています。
」と答えれば、短所も長所に繋がっていきます。
面接官にネガティブな印象を与えることなく、自分のアピールをすることが大切なことです。
事前に自分のネガティブな部分を書き出し、それがポジティブな言葉で言い換えることはできないか、考えておくと良いです。
新しい自分を発見でき、自分に自信が持てるので、堂々と臨むことができます。

スポンサーリンク