面接 長所 負けず嫌い 印象

面接で長所は負けず嫌いと答えて与える印象

スポンサーリンク

就職するための面接は、その後の生活が変える重要なものですので十分な対策と準備が必要です。
面接官は志望者が仕事に対応できるスキルや仕事の経験を持っているかどうか、仕事に必要な勉強をしてきているか、資格や免許を持っているかなどを確認しますが、同時に志望者が入社後に一緒に働いて行くことができる人かどうかをじっくり判断しているのです。
会社に対して利益をもたらす能力を持っていることは大切なことですが、それと同時に人間同士の集まりですから一緒に働いて楽しい人ががいいわけです。
集団組織を乱すことなく、仲間の和に入れる人を探しているのです。
面接官は志望者がどのような性格でどのような時にどのような判断をする人なのかを見ているのです。

スポンサーリンク

そのため、面接官は志望者にどのような性格か又は長所や短所はどういったものかを質問します。
そこでただ単純に自分の性格を答えることは不十分です。
あくまでも、相手に会社で一緒に働いてみたいと思ってもらわなければならないことを頭に入れておく必要があります。
例えば、自分の長所は負けず嫌いと答えた場合、面接官は負けず嫌いイコール気が強いとか協調性よりも人に勝つことを優先するのではないかという印象を持たれることもあります。
営業成績が問われる部署では負けず嫌いの印象を持たれることはいいかもしれませんが、チームワークが最も必要な仕事では好印象を持ってもらえるとは限りません。
そのため、長所は負けず嫌いで負けないためにみんなで力を合わせて取り組むことが好きですなどと加えることがいいでしょう。
長所を答えるときに、その長所がどのように会社の仕事に良い影響をもたらすのかを表現する必要があるのです。

スポンサーリンク