面接 逆質問 メモ 必要

面接では逆質問やメモを取ることは必要

スポンサーリンク

新卒の就職や転職などで面接を受ける機会は結構あります。
いくら頭が良くても、実績があっても面接でアピールすることができなければ、落とされてしまうので対策は必要になります。
そこで、面接の際に気をつけなければいけない点があるので紹介していきます。
まず挙げられるのは、逆質問をしっかりするということになります。
最後に質問する機会があります。
特にありませんとするのはナンセンスです。
逆質問もやる気や積極性をアピールする場になるので適当に考えないようにしてください。
その場で思いつきそうにない方は事前に何を質問するかを決めておくのも有りです。
一番ダメなのは逆質問のときに何も質問できないことになります。
少なくとも2個くらいは考えておいてください。

スポンサーリンク

逆質問の際はメモを取ることも必要なことになります。
結構重要なことを教えてもらうことがあるのでメモを取るようにしてください。
したがって、メモ帳とボールペンは忘れないように気をつけてください。
また、メモを取ることもやる気をアピールすることに繋がるので、少しでも良い印象を採用担当者に与えるようにするべきです。
面接で気を抜いてしまったら採用してもらうことは厳しいので、一つひとつの言動が評価されているという認識を各自で持つことが必要になります。
答える内容は大体の方が対策しているので、そこまで差が出にくくなっています。
差が出るのは逆質問などのあまり重視していない部分になります。
自分がその企業で働きたいという意欲を見せることが求められます。

スポンサーリンク