面接 長所 具体例 アピール

面接のときに長所をアピールするときの具体例

スポンサーリンク

面接ではよく長所を聞かれることがあります。
そんなときにどのように解答すれば効果的に自分をアピールできるかの具体例を紹介します。
長所を答える場合には、明るいところや協調性がある、真面目だなど抽象的な表現だけではあまりいいアピールになるとはいえません。
例えば、「協調性がある」と答える場合には、「私の長所は周りの人たちが円滑な人間関係が持てるように動くことができるからです。
サークル内でも、意見が割れたり、対立しそうになったときにはその仲裁役を買って出て、みんながうまくまとまるように努めてきました」などと、今までの経験を踏まえてどのように動くことができるのか、長所をどのように生かすことが出来るのかを踏まえて答えることで、面接官に好印象を与えることができます。

スポンサーリンク

次に、「真面目さや素直さがある」と答える場合の具体例です。
この場合には、「サークルで部長職を与えられ、みんなをまとめていくことは大変で、逃げたくなることもありましたが、こつこつと真面目に取り組んでいけばいつかみんなの役に立てると思って頑張ってきました。
最初は、私に部長が務まるかどうか不安でしたが、最後にはサークルのみんなから私に任せてよかったと言ってもらえるようになりました。
また、自分の考えだけでなく、周りからアドバイスや意見も積極的に取り入れることで、新しい考え方などが発見できました」というような形です。
会社内は、今までの学校の中以上に様々な人間関係があることから、そういった中でどのように自分の長所を活かしていけるかをアピールすることが大切なのです。
面接の前には、そういった内容を踏まえて具体例を交えながら考えておくことが必要です。

スポンサーリンク