面接 服装 指定 なし

面接で服装に指定なしと書いてあった場合に好印象を与える服装とは

スポンサーリンク

面接に行く場合には、普通は上下ともスーツで行くのが一般的です。
しかし、企業によっては、面接時の服装は自由、指定なしと書いてあるところがあります。
では、このような場合にはいったいどのような服装で行くのが好ましいのでしょうか。
まず、服装は指定なしといった場合の企業側の狙いとしては、スーツでかたどった人ではなく、素の本人が知りたいというのが目的の一つです。
スーツで行っても、マイナス評価にはなりませんが、企業側の意図を組んで私服で行くことが大事でしょう。
しかし、いくら私服だからといってもどんな服装でもいいわけではありません。
面接にあったTPOを考えた服装の中で自分らしさをアピール必要があるのです。

スポンサーリンク

私服を選ぶ基準としては、まず第一に清潔感があることです。
ダメージ系の服を着ていたり、あまりに短すぎるスカートなどは、普段の趣味であっても、面接時には合いません。
男女とも、上はスーツではなく、カジュアルよりのジャケットを羽織っていくことが無難です。
また、中に着るシャツも襟付きのほうが、好印象です。
女性の場合では、淡い色の襟付きシャツとひざ丈ぐらいのスカートにすれば、女性らしさや清楚なイメージが出るので、ぐっと好印象になります。
男性の場合には、同じく襟付きシャツにジャケットを着て、下はチノパンが無難です。
色はダークカラーでまとめた方が落ち着きますが、真っ黒すぎるとスーツと印象がかわりませんから、少し柔らかめの色を取り入れてもいいでしょう。
指定なしとされた場合には、男女とも、さわやかさのある上下を意識して選ぶことが大切です。

スポンサーリンク