面接 自己紹介 高校生 例

高校生が就職面接を受ける場合の自己紹介例

スポンサーリンク

高校生の面接の場合、自己紹介の内容は必然的に高校生活の中から紹介していくことが多くなります。
例としては、「クラブ活動で3年間テニス部に在籍しており、県大会で優勝することができた」や「高校3年間で5つもの資格取得に成功した」など3年間での実績を踏まえて話すことが多いです。
また、そのほかには「好きな本や映画」「休日の過ごし方」「アルバイト経験の有無」などその人の人となりを見ることが出来る内容の解答例を用意しておくと、面接官がその人に対しての質問もしやすくなります。
大学生とは違い、研究内容やサークルなどがないのは当たり前ですから、高校生の場合には、考え方や興味のある分野に対してもよく聞かれることがあるのです。

スポンサーリンク

また、高校生に対して企業は、即戦力としてすぐに働いてもらうということよりも、これからの成長を望んでいることが多いので、周りの意見に対して素直に聞き入れることができるか、真面目にこつこつと物事に取り組んで成長していけるかなども見られます。
併せて、コミュニケーション能力があるかも見られることになります。
話し方の例としては、自己紹介の中に、「長所として、クラスでもムードメーカー的な存在であり、周りを常にサポートしながら明るくしていく存在でした」などとしておくと面接官から好印象となります。
また、自己紹介には短所も一緒に入れて置き、それをこれからどう改善していくかなどの考え方も入れておくといいでしょう。

スポンサーリンク