面接 自己紹介 新卒 例

新卒で就職試験の面接を受ける場合の自己紹介例

スポンサーリンク

新卒で就職試験を受ける場合、仕事上の経験などはありませんから、アピールすべきポイントとしては、人柄、特技、これまで学校で学んできた内容になります。
その中でも新卒での面接の場合は、どのように自己紹介をしてアピールしていくかが合格、不合格のカギになってくるのです。
そこで、面接で合格するための自己紹介例をあげます。
まず、自己紹介のポイントの一つとして、自分の長所、得意分野があります。
自己紹介といっても、友達などに紹介するような名前と出身と〜といったありきたりな内容が知りたいのではなく、どんなことが出来るのか、どんないい部分があるのかという部分を本人がどのように自己分析して伝えられるのか、それが面接官は知りたいのです。

スポンサーリンク

たとえば、新卒の場合には、大学等の学校へ通っているので、大学でこんな研究をした、とか入っていたサークルでの成績、ボランティア活動など学生生活で努力したことなどを取り入れてもいいでしょう。
また、暗算9段といったような特技を入れてもいいです。
例としては、事務職の面接でタイピングの速度をアピールするなどです。
特技が受けている会社の仕事に直結することなら、なお効果的といえます。
また、好きなスポーツなど面接官となる自分よりも年配の人でも共感できるような趣味を入れておくと、話が盛り上がって、自分をもっと知ってもらえる機会にもなります。
例としては、相撲が好きで、どの力士を応援しているなどです。
そういった情報から自分の人となりを知ってもらえるのです。

スポンサーリンク