面接 長所 責任感 例

面接で長所は責任感のあるところですと答える場合の解答例

スポンサーリンク

面接でよく質問されるものの一つとして、長所があります。
様々な長所の答え方がありますが、今回は責任感が強いと答える場合の解答例を紹介します。
責任感が強いという場合、ただ単に、それだけいうのではあまり説得力がありません。
もっと具体的なエピソードを交えて答える方が面接官に対して効果的です。
例えば、サークルで部長を務めていて、様々な大会に向けて、部員がまとまるように、気配りをして、最後までやり通したことなど、自分が行ってきた実績などを交えて話すことが大切です。
そういった具体的な内容で責任感の強さを聞くことで、面接官は、もし入社した場合にその人がどのような形で動いてくれるかなどを想像しながら、面接をしているのです。

スポンサーリンク

その他では、アルバイト経験から話をするのもいいです。
アルバイトとはいえ、同じ仕事をする上での責任感が強いというアピールは効果的です。
例としては、アルバイトであっても自分のまかされた仕事だと思い、言われたことだけではなく、自分から進んで改善することができる点があれば、提案をして、いいお店にしようと努力したことです。
など、仕事に対しての責任の強さ、誠実さなどを強調できます。
どちらにしても、責任感が強いと長所でいうからには、その裏付けとなるエピソードをしっかりと持っていることが大切です。
そうすることで、長所としての説得力もあがります。
エピソードは些細な事でもかまわないので、日常からメモなどをしておくといざというときに役立つはずです。

スポンサーリンク