面接 長所 明るい 性格

面接で長所が明るい性格と答える場合

スポンサーリンク

面接で長所を明るい性格だと答える場合、どのように答えると面接官の印象に残るのでしょうか。
まず、長所は明るい性格です、と一言で答えてもどのようにかは相手には伝わりません。
面接官としては、その明るい性格を利用して会社内でどんな存在でいてくれるのかを具体的に知りたいのです。
例えば、「学校では、クラスやサークルの仲間のなかで常にムードメーカーとなっており、私がいるとその場が和んで明るい雰囲気になるといわれたことがあります。
」や「嫌なことがあっても、周りのことを考えて、常に明るくふるまい、くよくよせずに前向きに考えるようにしています」などです。
このように、周りとの協調や雰囲気も含めて話すとより具体的になります。

スポンサーリンク

また、接客などの職種などの場合は、アルバイトで同じように接客経験があれば、そのエピソードを話すこともいいです。
例えば、「アルバイトで接客の仕事していましたが、お客様に対してどんな時も笑顔でしっかりと対応することを心がけてきました。
その結果、お客様からはいつも笑顔で明るい雰囲気なので、いろんなことも聞きやすいといわれたことがあります」などです。
このように、自分の長所は、会社内の人間関係に影響するだけでなく、お客様など外部の方に対しても、効果的でその結果、企業自体や商品のイメージがよくなるというような内容を話しておくと面接官も働いている場面を想像できるので、自己アピールとしてとても効果的になります。

スポンサーリンク