面接 服装 女性 40代

40代の女性の面接時の服装

スポンサーリンク

40代の女性が面接を受ける時の服装ですが、初めての面接ではないので、必ずしもスーツでなければならないというわけではありません。
スカートにパンツとジャケットでも構いませんし、スカートにセーターやカーデガン、シャツなどの服装でも良いでしょう。
しかし、服装の色には気遣いをした方が良いです。
色は、派手な感じは避けて、地味な黒、グレー、茶色、白など落ち着いた色を選びましょう。
白のシャツに黒やグレーののスカート、パンツなどは清楚に見えて面接を受ける体制と言えます。
40代で何度も転職をされて慣れている方や様々な人生を長く歩み常識を理解されている方でも、やはり就職されるけじめとして清楚で感じの良い印象を与えるためにも服装には、気をつけましょう。

スポンサーリンク

40代の女性が清楚で常識のある方に見えるようにするためには、地味な服装で髪型にも気を使い、面接を受ける職場に合わせて考えましょう。
女性らしくしたい気持ちもわかりますが、飲食関係の職場に爪の長いネイルは合いません、事務系の仕事にミニスカートもいりません。
受ける職場の雰囲気、仕事の内容などに合わせた気遣いのできる感じの良い女性を演じましょう。
面接に行かれる前に職場の見学をされて雰囲気を調べておきますと良いかもしれません。
外からでも見学に行きましょう。
遅刻防止にも通勤時間を調べるためにもなります。
40代の女性らしく、雇われるように工夫することも重要です。
参考になるような資料や情報を集めてみることも良いでしょう。

スポンサーリンク